不眠症について

不眠症とは

睡眠障害の一つです。夜寝つきが悪い、眠れない、朝早く目が覚める、眠りが浅く十分眠った感じがしないなどの症状が続き、良質な睡眠が得られないため日中に眠気、倦怠感、注意力の散漫、意欲や食欲の低下、疲れや様々体調不良が起こる状態を指します。

日本においては約5人に1人、このような不眠の症状を悩んでいるといわれています。女性は比較的発症する人が多く、加齢とともに生じやすいのです。

不眠症のタイプ

入眠困難      ベッドについてもなかなか(30分~1時間以上)眠りにつ     けない。           
中途覚醒いったん眠りについても、翌朝起床するまでの間、夜中に何度も目が覚める。
早朝覚醒目覚まし時計の設定時間、あるいは通常の2時間以上前に目が覚め、その後眠れない。
熟眠障害眠りが浅く、睡眠時間の割に熟睡した感じがしない。

不眠症を引き起こす原因

環境要因  時差、枕が変わる、暑さや騒音、明るさなどの影響
身体要因  年齢、性差、頻尿、痛み、かゆみ、アレルギー疾患などの病気
心の要因  悩みやイライラ、極度の緊張、ストレスなど
生活習慣の要因   アルコール、ニコチン、カフェインの摂取、薬の副作用       など

検査・診断

問診を通じて、眠れない原因は心身の疾患と関係しているかどうかのを調べます。睡眠障害の原因が十分に検査されずに治療が行われているのが現状です。不眠症以外の睡眠障害の診断には専門的な検査が必要となります。

治療

生活習慣や環境の改善を行っても効果が出ない場合は、睡眠導入剤による薬物療法を行う。脳の活動・働きを鎮める薬、睡眠・覚醒のリズムを整える薬、脳の過剰覚醒状態を抑える薬などがあります。

ご来院予定の方へお願い

院内感染防止のため、ご来院いただく前に必ずご予約をお願いいたします。
なお、今後当局から新しい要請・命令などがあった場合には、予告なく休業させていただく場合がございます。

皆様がマレーシアで安心・健やかな生活お送り頂ける様、当院では最新の情報を元に、日々新しい取り組みを行いながらサービスの向上に努めております。

ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。