【椎間板ヘルニアについて】

ヘルニアとは

ヘルニア(Hernia)は体内のある臓器が本来あるべき位置からはみ出してしまった状態のことです。

よく腰痛を訴えている方は、椎間板ヘルニアです。腰椎(腰骨)の間にある骨のクッション機能を果たす椎間板が飛び出した状態になっていて、体の悩みでランキング上位にあたる腰痛主の原因です。

腰痛に伴い、足の痛みやしびれ、動かしにくいといった症状があり、重症化すると感覚障害や筋肉麻痺、排尿障害を引き起こす場合もあります。

ヘルニアになる原因

骨と骨を繋いでいる椎間板への強い負担や老化による機能低下が椎間板ヘルニアの主な原因と考えられます。

椎間板の老化、重いものを持ち上げる、子供の抱っこ、中腰の姿勢、激しいスポーツなどが椎間板に大き負担にかけて、椎間板の中にある髄核の一部が飛び出してきます。髄核は椎間板の中にあるやわらかい組織です。飛び出した髄核が神経を圧迫して、腰や足の痛みを引き起こします。

ヘルニアの治療

数か月で自然に症状が軽くなることは一般ですが、ヘルニアの程度や症状によっては早期に手術が必要なケースもあります。症状が改善せず、しびれや痛みが一週間以上続くような場合は、物理療法で診察を受けましょう。

ご来院予定の方へお願い

当院では風邪、食あたりなどの内科、小児科の他、眼科(結膜炎・ものもらい)、耳鼻科(外耳炎、耳鳴り)、皮膚科(湿疹、発疹)、外科(腰痛、捻挫)婦人科(子宮頚細胞診、性病検査)などの専門家の初期治療にも対応可能なクリニックでございます。

また、院内感染防止のため、ご来院いただく前に必ずご予約をお願いいたします。なお、今後当局から新しい要請・命令などがあった場合には、予告なく休業させていただく場合がございます。

皆様がマレーシアで安心・健やかな生活お送り頂ける様、当院では最新の情報を元に、日々新しい取り組みを行いながらサービスの向上に努めております。

ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。