【Favipiravirファビピラビル錠200mg)処方について】

いつもあおいファミリークリニックをご利用いただき、誠にありがとうございます。

マレーシアの新型コロナウイルス感染症が減少しているとはいえ、自宅または病院で治療を受けている患者がまだたくさんいます。

昨年、新型コロナウイルス感染症の治療に用いられている【アビガン】は日本だけではなく、マレーシアを含む多くの国において臨床試験が行われております。
マレーシアはアビガンと同様な成分が含まれるFavipiravirファビピラビル錠(ジェネリック)を使っています。

日本では現時点では未承認の治療薬となりますが、マレーシアでは先日より病院だけではなく、クリニックにおける新型コロナウイルスに感染した方への処方が可能となりました。

ファビピラビル錠はどのような薬なのか?

アビガン錠本来抗インフルエンザウイルス剤として使われております新型コロナウイルスに対して効果があると報告されており、現在は多くの国で治療薬の1つとして使われております。

クリニックでのファビピラビル錠の処方について

マレーシアの保健省よりファビピラビル錠の処方は以下の場合のみ許可されております。

①新型コロナウイルス陽性者(軽症者)

②病院またはクリニックにて医師の診察を受けて、投与の同意が得れらた陽性患者

ファビピラビル処方の注意点について

①ファビピラビル錠の処方は予防目的では許可されておりません。

②妊娠中、妊娠の可能性のある方、また妊活している夫婦は必ず診察時に医師にお伝えください。

③薬物アレルギー既往のある方は必ず医師にお伝えください。

その他

当院では新型コロナウイルスに感染した方に対して、ホームモニタリングとリカバリプランも提供しております。患者の状態によってファビピラビル錠の処方も可能です。

受診予定のの方へのお願い

当院では風邪、食あたりなどの内科、小児科の他、眼科(結膜炎・ものもらい)、耳鼻科(外耳炎、耳鳴り)、皮膚科(湿疹、発疹)、外科(腰痛、捻挫)、婦人科(子宮頸細胞診、性病検査)などの専門家の初期治療にも対応可能なクリニックでございます。

また、院内感染防止のため、ご来院いただく前に必ずご予約をお願いいたします。皆様がマレーシアで安心・健やかな生活お送り頂ける様、当院では最新の情報を元に、日々新しい取り組みを行いながらサービスの向上に努めております。

ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。